フォト

Google AdSense


  • AdSense
無料ブログはココログ

« GDC 2015のVR関連セッションの告知記事 | トップページ | Unreal Engine 4.7よりLeap Motionをプラグインで標準サポート »

2015.02.18

Unity 5の描画機能を生かしたサンプルアセット”Viking Village”の公開

以前から予告されていましたが,Unity TechnologiesからUnity 5の描画機能を生かした"Viking Village"のアセットが公開になりました.

Viking Village
https://www.assetstore.unity3d.com/jp/#!/content/29140

このサンプルアセットに関しては下記にまとめられています.

WORKING WITH PHYSICALLY-BASED SHADING: A PRACTICAL APPROACH
http://blogs.unity3d.com/2015/02/18/working-with-physically-based-shading-a-practical-approach/

物理ベースシェーディングによる描画,HDR, 新しいスカイボックスの機能などが活用されています.

テクスチャはスキャンベースでQuixelのMegascansのものだそうです.

« GDC 2015のVR関連セッションの告知記事 | トップページ | Unreal Engine 4.7よりLeap Motionをプラグインで標準サポート »

Programming」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« GDC 2015のVR関連セッションの告知記事 | トップページ | Unreal Engine 4.7よりLeap Motionをプラグインで標準サポート »