フォト

Google AdSense

  • AdSense
無料ブログはココログ

« あらためて読み直す"Moving Frostbite to Physically Based Rendering" | トップページ | NVIDIAのVXGIのDirect3D11向けが公開になってた »

2015.05.16

3DMarkでやっとDirect3D12のテストができた

自宅のノートPCのGeForce GTX 870Mのドライバを352.84にしたのですが、以前はダメだった3DMarkのDirect3D12のAPIをテストできる"API OVerhead feature test"がようやく動きました。

GeForce DirectX 12 Drivers for Windows 10 Now WHQL-Certified
http://blogs.nvidia.com/blog/2015/05/15/dx-12-game-ready-drivers/

現時点では、NVIDIAのDirect3D12対応はMaxwellとKeplerのみでFermiはダメなようですので、Direct3D11対応のGeForceでも古いものはまだのようですね(Fermiはそのうち対応みたいです)。

なお結果は下記です。

http://www.3dmark.com/aot/25093

DX11 Multi-threaded draw calls per second 1,344,091
DX11 Single-threaded draw calls per second 1,298,952
DX12 draw calls per second 9,365,596

おおよそ、6.9倍向上って感じですかね。

« あらためて読み直す"Moving Frostbite to Physically Based Rendering" | トップページ | NVIDIAのVXGIのDirect3D11向けが公開になってた »

Programming」カテゴリの記事

画像付き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« あらためて読み直す"Moving Frostbite to Physically Based Rendering" | トップページ | NVIDIAのVXGIのDirect3D11向けが公開になってた »