フォト

Google AdSense

  • AdSense
無料ブログはココログ

« Visual Studio 2015 RCでDirectX12周りのツールの話 | トップページ | Raspberry Pi 2が届いたのでWindows 10 IoTのセットアップ開始 »

2015.05.01

Windows 10 + Visual Studio 2015 RC環境構築メモ

自分用の備忘録です。

Visual Studio Community 2015 RCのインストールだけでは、DX12のヘッダーファイルやライブラリが入らないので下記のページの"Standalone Windows SDK for Windows 10"のところにあるSDKを入れる必要がある。

https://dev.windows.com/en-US/downloads/windows-10-developer-tools

それから、Windows Universalの開発にはVisual Studio Community 2015 RCをインストールする際にカスタムインストールにしてそのあたりのSDKも入れる必要がありました。Windows UniversalはIoT向けのアプリ用にセットアップしておく必要がありそうです。

とりあえず、今晩はここまで。

« Visual Studio 2015 RCでDirectX12周りのツールの話 | トップページ | Raspberry Pi 2が届いたのでWindows 10 IoTのセットアップ開始 »

Programming」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Visual Studio 2015 RCでDirectX12周りのツールの話 | トップページ | Raspberry Pi 2が届いたのでWindows 10 IoTのセットアップ開始 »