フォト

Google AdSense

  • AdSense
無料ブログはココログ

« FBX SDK 2016.1 Visual Studio 2015対応 | トップページ | Windows 10入れた以降 »

2015.07.28

Microsoft EdgeでAsm.jsを有効にするためのフラグ

Windows 10前夜ですが、Insider Previewをすでに使っているので、試し済みですが、Microsoft EdgeはAsm.jsに対応しています。

・・・が、デフォルトでは無効なので、下記のページの通りの手順を使うと有効にすることができます。

Bringing Asm.js to Chakra and Microsoft Edge
https://blogs.windows.com/msedgedev/2015/05/07/bringing-asm-js-to-chakra-microsoft-edge/

URLとか入れるところで、about:flagsを入れると設定項目が出てくるので、それで有効にすればいいようです。

UnityがちょうどWebGLベンチマークを出しているので、有効無効で試してみるといいと思います。自分のところでは、2倍以上にスコアがなってくれました。問題なければひとまずEnableにしていきます。

http://beta.unity3d.com/jonas/WebGLBenchmark/

« FBX SDK 2016.1 Visual Studio 2015対応 | トップページ | Windows 10入れた以降 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« FBX SDK 2016.1 Visual Studio 2015対応 | トップページ | Windows 10入れた以降 »