フォト

Google AdSense


  • AdSense
無料ブログはココログ

« Visual Studio 2015リリース | トップページ | Windows 10でDirect3Dアプリケーションを開発する際にはGraphics Tools for Windows 10を入れる話 »

2015.07.21

Visual Studio 2015のグラフィックス診断まわりのドキュメント

Windows 10 + Visual Studio 2015の時点でDirect3D12のキャプチャなどは対応しているのですが、ドキュメントもちゃんと対応していました。

Visual Studio Graphics Diagnostics
https://msdn.microsoft.com/en-us/library/hh315751(v=vs.140).aspx

たとえば、イベントリストのドキュメントを見るとすでにDirect3D12の記述が追加されています。

https://msdn.microsoft.com/en-us/library/hh873200(v=vs.140).aspx

たとえば、Direct3D 12のQueueではRender、Compute、Copyがあるわけですが色分けされて表示されますよ、とか。

そんなわけで、Windows 10 + Direct3D12の正式版がそれぞれ来てもすぐにちゃんと開発ができそうですね(すでに現時点で結構動くし、グラフィックス診断もちゃんと使えてるわけではありますが)。

« Visual Studio 2015リリース | トップページ | Windows 10でDirect3Dアプリケーションを開発する際にはGraphics Tools for Windows 10を入れる話 »

Programming」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Visual Studio 2015リリース | トップページ | Windows 10でDirect3Dアプリケーションを開発する際にはGraphics Tools for Windows 10を入れる話 »