フォト

Google AdSense

  • AdSense
無料ブログはココログ

« Microsoft EdgeでUE4やUnity 5のHTML 5出力のゲームを高速に実行するためにやる設定メモ | トップページ | SIGGRAPH 2015のコース”Advances in Real-Time Rendering in Games”の発表資料 »

2015.08.21

SIGGRAPH 2015 EA DICEの発表資料が公開されたのでまとめておく

SIGGRAPH 2015のEA DICEの資料がアップされ始めてますが一カ所にまとめておくと自分が便利なので書いておきます。

http://www.frostbite.com/topics/publications/

今のところ公開されているのは下記の4つです.それぞれの発表ページにはリンクを張っております。

Physically-based & Unified Volumetric Rendering in Frostbite
The Rendering Pipeline – Challenges & Next Steps
Stochastic Screen-Space Reflections
Frostbite on Mobile

The Rendering Pipeline – Challenges & Next Stepsに関しては,ここ数年のJohan Andersson氏のここまでやったことと,将来取り組むべきことがまとまったグラフィックスエンジンのアーキテクト向けの発表になっていますので個人的には,オススメですね。

Frostbite on Mobileはモバイル移植ですが、APIの対応付けの話以外にもやはりGLSLとかHLSL以外のシェーダ環境は自動でコンバートして手で書かない...みたいな感じもマルチプラットフォーム開発で必要な技術ですよね。

残りは、ちょっと読むのに時間がかかりそうなので、これからですね。

« Microsoft EdgeでUE4やUnity 5のHTML 5出力のゲームを高速に実行するためにやる設定メモ | トップページ | SIGGRAPH 2015のコース”Advances in Real-Time Rendering in Games”の発表資料 »

Programming」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Microsoft EdgeでUE4やUnity 5のHTML 5出力のゲームを高速に実行するためにやる設定メモ | トップページ | SIGGRAPH 2015のコース”Advances in Real-Time Rendering in Games”の発表資料 »