フォト

Google AdSense


  • AdSense
無料ブログはココログ

« CEDEC 2015会期 | トップページ | MicrosoftがDirectX12を使ったグラフィックスエンジンのサンプルMiniEngineをGitHubで公開 »

2015.08.27

Unity 5.3以降でサポートを切るグラフィックス機能など

PLANS FOR GRAPHICS FEATURES DEPRECATION
http://blogs.unity3d.com/2015/08/27/plans-for-graphics-features-deprecation/

Unityの5.3や5.4以降にサポートを打ち切るグラフィックス機能についてblogで公開されています。

4つほど書かれています。

・Shaders: Drop support for “precompiled” shader assets
・Hardware: Drop support for DirectX 9 Shader Model 2.0 GPUs
・Hardware: Drop support for Windows Store Apps DX11 feature level 9.1 GPUs
・Shaders: Drop support for “native shadow maps” on Android OpenGL ES 2.0

ま~、この辺は確かに切っちゃってもそろそろ良さそうですねぇ。

« CEDEC 2015会期 | トップページ | MicrosoftがDirectX12を使ったグラフィックスエンジンのサンプルMiniEngineをGitHubで公開 »

Programming」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« CEDEC 2015会期 | トップページ | MicrosoftがDirectX12を使ったグラフィックスエンジンのサンプルMiniEngineをGitHubで公開 »