フォト

Google AdSense

  • AdSense
無料ブログはココログ

« Windows 10 IoT Coreの正式版 | トップページ | SIGGRAPH 2015 Course: Physically Based Shading in Theory and Practice 資料公開 »

2015.08.12

UnityのAras Pranckevičius氏のSIGGRAPH 2015のセッションスライドが公開に

UnityのAras Pranckevičius 氏のSIGGRAPH 2015のセッション"Porting Unity to new graphics APIs"のスライドが公開になっています。

Porting Unity to new graphics APIs
http://aras-p.info/texts/files/201508-SIGGRAPH-PortingUnityToNewAPIs.pdf

このセッションはUnityのグラフィックス処理の内部処理をDirect3D12、Vulkan(一部の話だけ)、Metal(これも一部)に対応させていく話を書いています。

Direct3D12に関しては、単純なDirect3D11からの置き換えではパフォーマンスが良くなるとは限らないようですね。

実は遅い遅いと言われるDirect3D11でも、枯れてる分すでにドライバで最適化などされてて、新しいAPIでもAPIの特徴にあった最適化した書き方をしない状態では負けることもあるようですね。

Direct3D12の新機能は描画の効率化するために様々な選択肢があるので、エンジン開発者が色々と試行錯誤しながら良い方法を見つけて共有していかないとだめそうですねぇ。

« Windows 10 IoT Coreの正式版 | トップページ | SIGGRAPH 2015 Course: Physically Based Shading in Theory and Practice 資料公開 »

Programming」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Windows 10 IoT Coreの正式版 | トップページ | SIGGRAPH 2015 Course: Physically Based Shading in Theory and Practice 資料公開 »