フォト

Google AdSense


  • AdSense
無料ブログはココログ

« 一眼アレイで撮影されたバレットタイム炎 | トップページ | The Night Cafe というゴッホの絵画的な世界に入るVRコンテンツのメイキング »

2015.10.14

MaxPlayというゲームの開発環境

今週は、MaxPlayというゲームの開発環境が発表されたみたいですが、どういったものなんでしょうねぇ。

http://www.maxplay.io/

MaxPlay's new game engine aims to be 'Google Docs for game devs'
http://www.gamasutra.com/view/news/255932/MaxPlays_new_game_engine_aims_to_be_Google_Docs_for_game_devs.php


MaxPlayがゲームエンジン「Game Development Suite」で業界デビュー、初となるクラウド技術採用で隔たりを越えた開発を実現
http://jp.automaton.am/articles/newsjp/maxplay-game-development-suite-is-the-first-cloud-based-platform/

ゲームパブリッシャやデベロッパのインハウスエンジンと違ってこれ自体で商売するみたいなので、競合はUnityやUnreal Engineだとは思いますが、新機軸みたいなのがないとなかなか参入はしにくいよな。

Google Docsやクラウドという言葉をあげてるということはエンジンのエディタ自体の中のデータはクラウド上にあって複数の職種が同時にいじれる感じなんでしょうかねぇ。その際に、衝突が起きない、とかマージが楽、とかそういうメリットのあるゲーム開発環境は今までなかったので面白いかもしれませんね。

クラウド以前にマルチプレイでステージを作るようなゲームMinecraftとかあるわけですが、ゲームエンジンも通信すればそういうUGCを共同でやるような感じでいけるんでしょうかねぇ。

あとシンラのような実行環境も違うようなプラットフォームは手を組みやすいのかもしれませんね。彼らのクラウド向けのゲームとなると既存のゲームエンジンでは作りにくい部分ってありますし。

« 一眼アレイで撮影されたバレットタイム炎 | トップページ | The Night Cafe というゴッホの絵画的な世界に入るVRコンテンツのメイキング »

Programming」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 一眼アレイで撮影されたバレットタイム炎 | トップページ | The Night Cafe というゴッホの絵画的な世界に入るVRコンテンツのメイキング »