フォト

Google AdSense


  • AdSense
無料ブログはココログ

« CataclysmデモのNVIDIAの記事 | トップページ | Direct3DやOpenGL、VulkanでWarp shuffle »

2016.07.27

EidosがR&Dしてる新しいエンジンのレンダリングとカリングの話

EidosがR&Dしてる新しいエンジンのレンダリングとカリングの話が出てますね。

Deferred+: Next-Gen Culling and Rendering for Dawn Engine
https://community.eidosmontreal.com/blogs/next-gen-dawn-engine

まだあまり読めてないですが、Dawn Engineというエンジンが新しく作ってるエンジンで、それのカリングの話とレンダリングの話が続いてますね。

読んでる感じでは、Direct3D12やVulkanへの移行に合わせて新しいアプローチにチャレンジしてるようですね(DX11世代をまるまる移植みたいなことではなく)。

カリングの方はGPUをがっつり使ったCompute Shaderベースな用ですなぁ。


レンダリングの方はDeferred RenderingベースだけどDeferred+という新手法を考えてるみたいですね。マテリアルIDを16bit Depthに書き込んで、マテリアルが複数でも対応できるようなアプローチなようですね。

なんでDepthに書き込むか考えてみたけど、Depthならピクセルシェーダなしで頂点シェーダだけ実行して書き込めるかー。ライトの扱いはTiledやClusteredということみたいですねー。

わりとDirect3D12やVulkanへの移行がスムーズだとWindows 7や8.xをサポートしない海外のゲーム会社多そうだなぁ。

« CataclysmデモのNVIDIAの記事 | トップページ | Direct3DやOpenGL、VulkanでWarp shuffle »

Programming」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« CataclysmデモのNVIDIAの記事 | トップページ | Direct3DやOpenGL、VulkanでWarp shuffle »