フォト

Google AdSense


  • AdSense
無料ブログはココログ

« NVIDIAのVulkan Device-Generated Commands拡張について書いた | トップページ | 製品名Visual Studio 2017になったのか »

2016.11.16

HLSLccのオープンソース化について

Unity TechnologiesがHLSLのバイトコードをGLSLやMetal Shading Languageに変換するHLSLccをオープンソース化
http://www.shader.jp/?p=1891

とりあえず、Shader.jpに書いておきました。

わりとゲームエンジン業界では直接GLSL書きたくないということが結構多いですね。なので、自動的にコードが作れれば...というのはいろいろと試みられていますね。

HLSLもわりと言語仕様怪しいところがあるのですが、わりとGLSLに比べて便利なのが#includeの対応ですね。あと、エントリーポイントの関数がmainに縛られない部分とかマクロ周りとか。

前身のHLSLCrossCompilerの仕様経験はあるんですが、Vulkanへの対応がダメなんですよね。Metal Shading Languageに関してはSPIRV-Crossでなんとかなるところはあるんですが。

https://github.com/KhronosGroup/SPIRV-Cross

あと、Unityで使われてるということで、生成したGLSLのコードに関してはあまり人間が手を入れなくても使えるということを祈りつつ、ちょっと試してみたいところですね。

« NVIDIAのVulkan Device-Generated Commands拡張について書いた | トップページ | 製品名Visual Studio 2017になったのか »

Programming」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« NVIDIAのVulkan Device-Generated Commands拡張について書いた | トップページ | 製品名Visual Studio 2017になったのか »