フォト

Google AdSense

  • AdSense
無料ブログはココログ

« VK_NVX_device_generated_commands拡張がきた | トップページ | 3DMark TimeSpyのAsync Compute »

2016.12.01

Gears of War 4のベンチマークAsync Computeまわり

Windows 10 + GeForce GTX 1080でDX12のAsync Computeはどれだけゲームのパフォーマンスに影響を与えるかということが気になったのですが、Gears of War 4にはベンチマーク機能があってAsync Computeのオン、オフが任意でできるので試してみました。

※Gears of War 4でAsync ComputeをONにした場合、どういった処理がAsync Computeに割り振られるか不明な部分があります。

まずはやはり4K環境で同じ条件でベンチマークをとってみました。

■4K

Async Compute(非同期演算)オフ
2016-11-30

Async Compute(非同期演算)オン
2016-11-30 (1)

よく見たら上記2つは動的解像度がオンになっていたのでオフにしてみました。動的解像度がオンの方がちゃんとフレームレートは上がってる感じですね。

Async Compute(非同期演算)オフ
2016-11-30 (6)

Async Compute(非同期演算)オン
2016-11-30 (7)

4Kの場合は、平均フレームレートとGPUフレームレートで若干の改善があります。

■1080

4Kの場合は、GeForect GTX 1080でもGPU側がネックで60 FPS切っているので1080解像度にしてGPUに余裕を作ったらどうだろうか?というのも試してみました。なお、1080だと60 FPSは余裕で超えるので、VSyncはオフにしました。

Async Compute(非同期演算)オフ
2016-11-30 (12)

Async Compute(非同期演算)オン
2016-11-30 (13)

1080だと平均フレームレートに関しては、差がほとんど出ません。・・・というのも1080だとGPUよりもCPUがフレームレート出すのに足かせになっているのでフレームレートの変化はあまりないです。

ただ、GPUのフレームレートの方は改善してる感じですね。そのためGPUバウンドが大幅に改善しています。

■まとめ
Gears of War 4 & GeForce GTX 1080環境ではAsync Computeによるパフォーマンスの向上があまりわかる感じではありませんでした。GPU周りは改善してる感じするがフレームレートにあまり寄与していない感じですね。

UE4とこのゲーム自体でどういう処理がAsync Computeに移されてるのか不明な部分があるので、そこはもうちょっと調べないといけないですね。

« VK_NVX_device_generated_commands拡張がきた | トップページ | 3DMark TimeSpyのAsync Compute »

Programming」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« VK_NVX_device_generated_commands拡張がきた | トップページ | 3DMark TimeSpyのAsync Compute »