フォト

Google AdSense


  • AdSense
無料ブログはココログ

« Switch予約 | トップページ | そろそろGDC 2017の自分的に注目セッションをまとめたい »

2017.01.24

MicrosoftがGDC 2017でWindows HolographicのSDKのセッションを開催

MicrosoftがGDC 2017でWindows HolographicのSDKのセッションを開催するようですね。

Windows Holographic Rendering: One SDK to target VR and AR ecosystems (Presented by Microsoft)
http://schedule.gdconf.com/session/windows-holographic-rendering-one-sdk-to-target-vr-and-ar-ecosystems-presented-by-microsoft

Windows HolographicのSDKの基盤になりそうなものとしてすでにHoloLensのAPIというのはあるわけですが、HoloLens向けのAPIはHoloLensの端末固有のもののためOculusやHTC ViveのSDKなどと比較してVR用の要素(たとえば、低遅延なトラッキングとか。TimeWarp的なものとか)が欠けています。

セッション概要を見た感じでは、MicrosoftのWindows HolographicのSDKはARとVRのHMD向けの開発が1つのSDKで行えるようですね。それからHoloLensの話題以外に、上記の指摘にあるVRに必要な下記のようなトピックを扱うようです。

- Positional tracking and rendering: latency, forward-prediction.
- Holographic Rendering with DirectX: stereo rendering, frame timing, debugging tools and best practices.

今回のGDCのVR/ARまわりのセッションとしては注目のセッションになるのではないでしょうか?

ドキュメント
https://developer.microsoft.com/en-us/windows/holographic/documentation

« Switch予約 | トップページ | そろそろGDC 2017の自分的に注目セッションをまとめたい »

Programming」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Switch予約 | トップページ | そろそろGDC 2017の自分的に注目セッションをまとめたい »