フォト

Google AdSense

  • AdSense
無料ブログはココログ

« すでに公開されているGDC 2017スライド | トップページ | GDC 2017のFrostbite関連発表 »

2017.03.06

NVIDIA Flexの実装にDirect3D11/12追加

GDC 2017の"D3D Async Compute for Physics: Bullets, Bandages, and Blood"のセッションに出ていたのですが、Flexの実装にDirect3D11 / Direct3D12が加わったようですね(従来はCUDA)。

Physics and Simulation at GDC17
https://developer.nvidia.com/physics-and-simulation-gdc17

セッションで言っていたのがDirect3D実装になることでベンダー非依存で動作するようです。

NVIDIA Flex 1.1.0 released
https://developer.nvidia.com/nvidia-flex-110-released

実際、上記のリリースページでは"New Direct3D 11/12 support"のところで

This allows Flex to run across vendors on all D3D11 class GPUs.

という記述があります。

そういえば、"D3D Async Compute for Physics: Bullets, Bandages, and Blood"のセッションではDirect3D12モードの際には、フラグでAsync Computeで実行できるような話がありましあ。

« すでに公開されているGDC 2017スライド | トップページ | GDC 2017のFrostbite関連発表 »

Programming」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« すでに公開されているGDC 2017スライド | トップページ | GDC 2017のFrostbite関連発表 »