フォト

Google AdSense

  • AdSense
無料ブログはココログ

« 夏風邪 | トップページ | MicrosoftのDX12サンプルなどのHDR10動作について~PBRサンプルをHDR10出力にする »

2017.08.08

Open Problems in Real-Time Renderingのコース資料

Open Problems in Real-Time Renderingのコース資料が徐々に公開されていますが、これも見ておかないとなぁ。

Open Problems in Real-Time Rendering
http://openproblems.realtimerendering.com/s2017/index.html

"Real-Time Rendering"ということで、ゲームやゲームエンジンの開発にかかわるような人が抱える問題や課題、将来予測などが集まってていいですね。

・Physically-Based Materials: Where Are We? by Sébastien Lagarde (Unity Technologies)
・A Certain Slant of Light: Past, Present and Future Challenges of Global Illumination in Games by Colin Barré-Brisebois (Electronic Arts SEED)
・Future Directions for Compute-for-Graphics by Andrew Lauritzen (Electronic Arts SEED)
・Deep Learning: The Future of Real-Time Rendering? by Marco Salvi (NVIDIA)

特に今回はPBR、 GI、 Compute、 Deep Learningの活用ということがトピックでしょうか。

« 夏風邪 | トップページ | MicrosoftのDX12サンプルなどのHDR10動作について~PBRサンプルをHDR10出力にする »

Programming」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 夏風邪 | トップページ | MicrosoftのDX12サンプルなどのHDR10動作について~PBRサンプルをHDR10出力にする »