フォト

Google AdSense

  • AdSense
無料ブログはココログ

« ディスプレイごとの色域表示への道 | トップページ | GPUスキニングをCompute Shaderで実行するサンプル »

2017.09.05

ディスプレイ情報の取得がDXGI 1.5でなくDXGI 1.6を必要とする理由

DXGIにおけるHDRのサンポートはDXGI 1.5で入りました。

High Dynamic Range and Wide Color Gamut参照
https://msdn.microsoft.com/en-us/library/windows/desktop/mt661818(v=vs.85).aspx

しかし、今回のディスプレイ情報の取得がDXGI 1.5でなくDXGI 1.6(Creators Update)を必要とする理由はディスプレイ情報のDescを取得できるIDXGIOutput6のサンポートがDXGI 1.6からなんですよね。

IDXGIOutput6
https://msdn.microsoft.com/en-us/library/windows/desktop/mt825240(v=vs.85).aspx

…ということでCreators Updateの機能って感じですね。

« ディスプレイごとの色域表示への道 | トップページ | GPUスキニングをCompute Shaderで実行するサンプル »

Programming」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ディスプレイごとの色域表示への道 | トップページ | GPUスキニングをCompute Shaderで実行するサンプル »