« 次回のネタ | トップページ | OpenGLの赤本みたいなMetalのSwift本 »

2017.09.26

glTFデータを出力するための方法

このサイトでは、昔からColladaやFBXといったモデルデータをロードするようなネタはやってるんですが、最近はランタイムではglTF 2.0が扱いやすいかなと思っています。

glTF
https://github.com/KhronosGroup/glTF

3Dモデルとして読みやすそう(JSON部に情報が記述されていて、頂点や法線など大き目なデータはバイナリ)なことと、スキニング、BlendShapeがサポートされていて、マテリアルがPBRに対応しているという感じですね。

データの作成に関して、DCCツールからのエクスポートができれば良いのですが、Blender以外はあまり対応状況が良くないので下記のツールを使用してます。下記のツールはUnityでセットアップされたモデル(とマテリアルがStandard Shaderであれば、PBRのテクスチャの割り当てで出せるのがわかりました。

glTF-Tools-for-Unity
https://github.com/bghgary/glTF-Tools-for-Unity

glTF公式のサンプルモデル集は下記にあるんですが、いくつかのモデルは上のツールで吐き出されてるようです。

glTF-Sample-Models
https://github.com/KhronosGroup/glTF-Sample-Models

とりあえず、テクスチャのネタが終わったらDX12サンプルで対応しようとは思います。

« 次回のネタ | トップページ | OpenGLの赤本みたいなMetalのSwift本 »

Programming」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 次回のネタ | トップページ | OpenGLの赤本みたいなMetalのSwift本 »