フォト

Google AdSense

  • AdSense
無料ブログはココログ

« Build 2017のセッションLighting up HDR and advanced color in DirectX | トップページ | HLSL 6.0のWave Operationのサンプルを動かしてみた »

2017.09.13

HDR時代のテクスチャ

前の記事のスライドの22ページ目見てたらHDRでのイメージアセットで何を使うかいいかという話がありますね。

Texture

とりあえず、ランタイムではBC6Hを使えばよさそうですね。ただし、αチャンネルないのが注意ですね。

それから、PC上でのオーサリングのフォーマットはJPEG XRを勧められてますね。浮動小数点フォーマット、αチャンネル、ロスレス対応でSDRでもsRGBでうまく機能するみたいですね。

そのほかに、OpenEXRやJPEG w/ICC profileなどがあがってますね。この二つだとツールの対応でOpenEXRでしょうかね。

とりあえず、JPEG XRについてはちょっと調べないと。

« Build 2017のセッションLighting up HDR and advanced color in DirectX | トップページ | HLSL 6.0のWave Operationのサンプルを動かしてみた »

Programming」カテゴリの記事

画像付き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Build 2017のセッションLighting up HDR and advanced color in DirectX | トップページ | HLSL 6.0のWave Operationのサンプルを動かしてみた »