« Direct3D12のDDSのロードサンプルを書きました | トップページ | glTFデータを出力するための方法 »

2017.09.26

次回のネタ

記事の方にも書いてますが、次回ネタはOpenEXRの直接読み込みですね。

年内は個人の開発環境に関しても HDR10のディスプレイへの対応に関する様々なネタを書く予定です。

その一歩としてテクスチャの広色域対応という感じですね。Photoshopからわりと作りやすいですし、IBLなどライティング用の素材としてであれば HDR画像は導入しやすいですね。

今回DDS対応やったのでBC6Hで良いのではあるのですが、OpenEXRを直接開けるとツールなど便利な部分はあるので対応しておきます。

« Direct3D12のDDSのロードサンプルを書きました | トップページ | glTFデータを出力するための方法 »

Programming」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Direct3D12のDDSのロードサンプルを書きました | トップページ | glTFデータを出力するための方法 »