« CppCon 2017: Nicolas Guillemot “Design Patterns for Low-Level Real-Time Rendering”動画 | トップページ | Substance Designerがスキャンベースのマテリアルに対応 »

2017.10.17

Fall Creators UpdateのタスクマネージャーのGPUパフォーマンスモニタ

そういえば、Fall Creators UpdateのタスクマネージャーでGPUパフォーマンスモニタを見ることができるようになったので、動かしてみました。

Gpuss002

Direct3D12のマルチエンジン対応なので、Graphics Queue、Copy Queue、Compute Queueごとに表示ができますし、VRAMもGPUローカルと共有ビデオメモリでわかりますね。

負荷を見る項目ですが、下記のように表示の切り替えができるので、ビデオエンコーダ/デコーダの負荷などもわかるので動画編集ソフトのレンダリングとかでも負荷見れそうですね。

あと、VRというのもあります。


Gpuss003

参考までに上のパフォーマンスモニタは下記のMiniEngineのモデルビューワーでSSAOをAsync Compute(コードを少し変えると動作します)で動かしている例ですね。少し、Compute_1が動いてるのがそれですね。

Gpuss001

« CppCon 2017: Nicolas Guillemot “Design Patterns for Low-Level Real-Time Rendering”動画 | トップページ | Substance Designerがスキャンベースのマテリアルに対応 »

Programming」カテゴリの記事

画像付き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« CppCon 2017: Nicolas Guillemot “Design Patterns for Low-Level Real-Time Rendering”動画 | トップページ | Substance Designerがスキャンベースのマテリアルに対応 »