« Unity 2018.1b6のライトで気になる新要素 | トップページ | Xbox OneのHDRスクリーンキャプチャ機能を使ったHDRタイトルの分析 »

2018.02.15

fg見る上で見ておくとよい資料

前にもとりあげたことがありますが、fgを紹介したときに書いておけばよかったのですが、失念していたので再度掲載しておきます。

FrameGraphを引用しているCppCon 2017の"Design Patterns for Low-Level Real-Time Rendering"は今の世代のレンダリングエンジンを組む際に見ておくと良い資料かと思います。発表も動画で公開されています。

資料
https://github.com/CppCon/CppCon2017/tree/master/Presentations/Design%20Patterns%20for%20Low-Level%20Real-Time%20Rendering

« Unity 2018.1b6のライトで気になる新要素 | トップページ | Xbox OneのHDRスクリーンキャプチャ機能を使ったHDRタイトルの分析 »

Programming」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Unity 2018.1b6のライトで気になる新要素 | トップページ | Xbox OneのHDRスクリーンキャプチャ機能を使ったHDRタイトルの分析 »