« Visibility BufferとCluster CullingとTriangle filteringを振り返る2018頭 | トップページ | Unity 2018.1b6のライトで気になる新要素 »

2018.02.13

FrameGraphを参考にしたオープンソース

FrameGraphを参考にグラフベースのレンダリングシステムのオープンソースが出てきたみたいですね。

fg : FrameGraphを参考に作られたオープンソースのグラフベースのレンダータスクシステム
http://www.shader.jp/?p=2218

FrameGraphは、発表後引用されることが、現行世代のグラフィックスAPIのレンダリングエンジン考える上で参考になりそうですね。

« Visibility BufferとCluster CullingとTriangle filteringを振り返る2018頭 | トップページ | Unity 2018.1b6のライトで気になる新要素 »

Programming」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Visibility BufferとCluster CullingとTriangle filteringを振り返る2018頭 | トップページ | Unity 2018.1b6のライトで気になる新要素 »