« FrameGraphを参考にしたオープンソース | トップページ | fg見る上で見ておくとよい資料 »

2018.02.14

Unity 2018.1b6のライトで気になる新要素

Unity 2018.1b6のライトで気になる新要素(b5でもあったのですが、これを書いてる時点ではb6)があったのでメモです。今後、仕様などは変わるかもしれません。

Unity 2018.1のベータではスクリプタブルレンダーパイプラインが導入されるようで、デフォルトでその仕組みを利用して、3つのプリセットのプレビューが入っています。3つのプリセットに関して下記の記事が詳しいです。

Unity 2018 とグラフィックス
https://blogs.unity3d.com/jp/2018/01/18/2018-and-graphics/

今回は、高画質レンダーパイプライン(HDRP)のライトについての話題になります。

HDRPを起動すると下記ようなシーンが入っています。従来の描画の流れと違うことについては上の記事などにあるので、ライトを見てみます。

Hdrp001

HDRPでは、ライト周りもどうも変わってるようでIntensityのデフォルト値なんかも3.14159に変わってますね。これはライトの単位も物理的にしようという感じがしますね。

Hdrp002

で、今回の話ですが、よく見るとLightのShapeの個所にRectangleのいうのがありますね(下図の赤丸)。従来のライトではBake専用でAreaライトがありましたが、これはリアルタイムも行けるようで青丸で囲ったModeの個所でRealtimeとBakeが選択できます。ちなみに、ほかにLineライトなんかもあります。

Hdrp003_2

そういえば、SIGGRAPH 2016でUnityが下記のような論文を出していましたが、この辺の成果が無事に入ったということなんでしょうかね。

Real-Time Polygonal-Light Shading with Linearly Transformed Cosines
https://labs.unity.com/article/real-time-polygonal-light-shading-linearly-transformed-cosines

ゲームエンジンでリアルタイムのエリアライトが使えるようになるというのは正式リリースが楽しみな話が1つ増えましたね。

« FrameGraphを参考にしたオープンソース | トップページ | fg見る上で見ておくとよい資料 »

Programming」カテゴリの記事

画像付き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« FrameGraphを参考にしたオープンソース | トップページ | fg見る上で見ておくとよい資料 »