« DirectX Raytracing MiniEngine Model Viewerサンプルの動作動画 | トップページ | NVIDIAのDXR対応ドライバの話 »

2018.03.21

PixでDXRのコマンドが見えない理由がわかった、fallback layerかぁ

DirectX Raytracingサンプル実行」で、PixでキャプチャしたイベントがDirect3D!2のDispatchとか通常のイベントなのが不思議だったんですが、改めてforumの記事を読んで理由を理解。

Getting started with DirectX Raytracing
http://forums.directxtech.com/index.php?topic=5860.0

Driver Support

Please contact the IHV you’re working with for drivers that will work with DXR.
Note that you can also use the fallback layer, provided in the SDK package, to experiment with DXR on any driver that supports Shader Model 6.

なるほど、DXRにネイティブで対応するGPU(Microsoftの記事のスクショではTitan Vとかか?)とドライバというものがあるのか。

それがない場合、fallback layerで動作するのね。fallback layerはShader Model 6が動作するGPUならOKのようですね。・・・というわけで、自分がPixでキャプチャしたものは正しい動作のようですね。実際、Visual Studioの出力でそれらしい記述も吐き出されてるのもわかりました。

あと、真のDXR対応GPUだとパフォーマンス面でどう変わるか気になるところですね。

« DirectX Raytracing MiniEngine Model Viewerサンプルの動作動画 | トップページ | NVIDIAのDXR対応ドライバの話 »

Programming」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« DirectX Raytracing MiniEngine Model Viewerサンプルの動作動画 | トップページ | NVIDIAのDXR対応ドライバの話 »