« Direct3D12向けCheckerboardレンダリングの記事 | トップページ | CEDEC 2018終了 »

2018.08.24

CEDEC 2018 3日目 登壇セッションなど

CEDEC 2018の3日目です。

今年は私の方は2つのセッションで登壇します。

午前中は私の方で、近年やってた活動の話です。なかなかハイエンドのゲームグラフィックスの専門性の高いプログラマ人材育てるのは大変で、そもそも育てるってどうするの?ってところはありますね。ちょっとそこを考えて、2年でやってみた事と言うのを話します。

育成のゴールは、単にDirectXやOpenGLでシェーダで絵が出せる…ではなく、昨今のゲームで競争力のある絵を出すテクニックを学び、インハウス、ゲームエンジンどちらでもプロファイルなどできる人材やスキルセットを持った人材と言った感じですね。

ゲーム開発企業で人材の育成に関わる方やゲームの開発者を育てるような教育機関の方、グラフィックスプログラマを目指す方などをターゲットにと言うセッションです。

ハイエンド3Dグラフィックスプログラマの育成と議論~育成の実例を交えて
https://2018.cedec.cesa.or.jp/session/detail/s5ab884cadf368

夕方は、パネルディスカッションの方です。こちらは今回は以前お知らせしたとおり、モデレータです。

最近ホットなGPUレイトレーシングについてSIGGRAPHの情報など反映した議論ができればと思っています。今回、諸事情で西川善司さんからモデレータ変わりましたが、初パネラー(?)でgamescom 2018の話が聴ける?

ゲーム開発マニアックス「リアルタイムレイトレーシング時代のゲームグラフィックスを考える」
https://2018.cedec.cesa.or.jp/session/detail/s5ab9daf22b4a1

なお、2つのセッションどちらもライブ配信ありますので、会場に足を運べない方も配信でどうぞ。

https://2018.cedec.cesa.or.jp/session/live

« Direct3D12向けCheckerboardレンダリングの記事 | トップページ | CEDEC 2018終了 »

Programming」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Direct3D12向けCheckerboardレンダリングの記事 | トップページ | CEDEC 2018終了 »