« glTF SDKを使おうかと思ってるが... | トップページ | 無料で公開されたレイトレーシング電子書籍の話 »

2018.09.02

DirectX Raytracingの正式リリースはいつ?

gamescom 2018でDirectX Raytracing (DXR)対応タイトルの話が出てきましたが、現在のDXRはまだPreview版で使用するにはD3D12EnableExperimentalFeatures という関数を呼び出して使用します。

D3D12EnableExperimentalFeatures
https://docs.microsoft.com/en-us/windows/desktop/api/d3d12/nf-d3d12-d3d12enableexperimentalfeatures

この関数は、Remarksに書かれているようにWindows 10をDeveloper Modeにしないと失敗します...ということで一般のユーザー向けの機能ではないわけですね。

Because the set of experimental features will change over time, and because these features may not be stable, they are intended for development and experimentation only. This is enforced by requiring Developer Mode to be active before any experimental features can be enabled.

ではいつ一般のユーザー環境でも動作するかというと今年のSIGGRAPH 2018のコースIntroduction to DirectX RayTracingのセッションに記述があります。

http://intro-to-dxr.cwyman.org/

具体的にはIntroduction to the DirectX Raytracing APIの中にあります。

http://intro-to-dxr.cwyman.org/presentations/IntroDXR_RaytracingAPI.pdf

その中の30枚目のスライドでRS5と書かれています。とりあえず、RS5...最近発表されたWindows 10 October 2018 Updateで正式リリースということになりそうですね。なるほど年末のタイトルが間に合うということはそういうことなんですね。おそらくInsider PreviewとSDKを使用しているとD3D12EnableExperimentalFeatures 呼ばなくてもいけるんでしょうね。

Dxrrs5


« glTF SDKを使おうかと思ってるが... | トップページ | 無料で公開されたレイトレーシング電子書籍の話 »

Programming」カテゴリの記事

画像付き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« glTF SDKを使おうかと思ってるが... | トップページ | 無料で公開されたレイトレーシング電子書籍の話 »