« 無料で公開されたレイトレーシング電子書籍の話 | トップページ | SORT: Simple Open-source Ray Tracer »

2018.09.06

SIGGRAPH 2018のEpic Gamesのリアルタイムレイトレーシングのセッション

SIGGRAPH 2018のNVIDIAのReal-Time Ray Tracingコースの中にUnreal EngineのEPIC Gamesのセッションがありました。このセッションはスライド単体はまだ見つけてないのですが、動画が公開されています。


WEDNESDAY 8/15のReal-Time Ray Tracing
https://www.nvidia.com/en-us/events/siggraph/schedule/?session-type=course

セッション動画は下記です。The Technology Behind The Speed of Lightになります。

The Technology Behind The Speed of Light
http://on-demand.gputechconf.com/siggraph/2018/video/sig1813-6-francois-antoine-epic-car-demo.html

このセッション前半はポルシェとのコラボレーションによるUE4上でのリアルレイトレーシングの話ですね。こちらはゲーム分野というよりは自動車メーカーのビジュアライゼーションという感じですね。非ゲーム分野でUE4使っているようなところでは参考になることと期待感が高まりますね。

後半の17:30ぐらいからは、内容が変わってEpic Real Time Ray TracingというセッションでこちらはGDCで公開したスターウォーズのレイトレーシングのデモの技術的な話なのですが24;20あたり(下図)を見ているとGDCの時からSIGGRAPHにかけてレイトレーシングでやれることを増やしたようですね。

Ue4rt

SIGGRAPHでのリアルタイムレイトレの話はEA SEEDのPICA PICAの話が多いのではありますが、このセッションも実際にエンジンに統合した事例として良いセッションでした。


« 無料で公開されたレイトレーシング電子書籍の話 | トップページ | SORT: Simple Open-source Ray Tracer »

Programming」カテゴリの記事

画像付き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 無料で公開されたレイトレーシング電子書籍の話 | トップページ | SORT: Simple Open-source Ray Tracer »