« HalcyonのVulkan対応の話 | トップページ | SIGGRAPH ASIA 2018で聴けるEA SEEDの発表 »

2018.10.30

GeForce RTX向けの機能を使いつつVulkan でレンダラ開発を動画配信しながら作る話

meshoptimizerの開発者のArseny Kapoulkine氏がYoutubeで開発を配信しながらNiagaraというレンダラを作っています。

Niagara
https://github.com/zeux/niagara

このレンダラは外部ライブラリに頼らず、Vulkanで開発していくもので、以下のような新しい機能(一部、RTXシリーズのMesh Shaderなども使いつつ)を入れたものでやっていくようですね。

・GPU culling & scene submission
・cone culling
・automatic occlusion culling
・task/mesh shading,

配信チャンネル
https://www.youtube.com/playlist?list=PL0JVLUVCkk-l7CWCn3-cdftR0oajugYvd

GeForce RTXはレイトレーシングの部分に注目が集まりますが、ラスタライズ側の拡張も意欲的なのでDirect3D12世代でここまで定番として定着してきた手法から新しいアプローチの発明が出てくる可能性がありますね。

« HalcyonのVulkan対応の話 | トップページ | SIGGRAPH ASIA 2018で聴けるEA SEEDの発表 »

Programming」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« HalcyonのVulkan対応の話 | トップページ | SIGGRAPH ASIA 2018で聴けるEA SEEDの発表 »