« HalcyonのModern Graphics Abstractions & Real-Time Ray Tracingのスライド | トップページ | VulkanでGeForce RTXでレイトレーシングの話題 »

2018.11.19

ShaderConductor 0.2.0とバイナリ提供

ShaderConductor 0.2.0からビルドしたWindowsバイナリ提供が行われるようなったみたいです。

Version 0.2.0
https://github.com/Microsoft/ShaderConductor/releases

実行ファイル以外に、DLLでの運用もできるのでツールに組み込むとかアリな感じもします。

Sc

実際に上記のPowerShellが実行してみた感じですが、現状見た感じプリプロセッサの対応がなさそうに思います。

バージョンの話では、このバージョンからすべてのシェーダステージの変換がGLSL、ESSL、MSL対応になったようです。ソースから利用する方はmacOSやLinuxもOKみたいですね。

ShaderConductorについて、以前書いた記事は下記です。

ShaderConductor : Microsoftのオープンソースシェーダ言語変換ツール
http://www.shader.jp/?p=2383

« HalcyonのModern Graphics Abstractions & Real-Time Ray Tracingのスライド | トップページ | VulkanでGeForce RTXでレイトレーシングの話題 »

Programming」カテゴリの記事

画像付き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« HalcyonのModern Graphics Abstractions & Real-Time Ray Tracingのスライド | トップページ | VulkanでGeForce RTXでレイトレーシングの話題 »