« ShaderConductor 0.2.0とバイナリ提供 | トップページ | DirectXShaderComilerをVisual Studio 2017のカスタムビルドに加える »

2018.11.28

VulkanでGeForce RTXでレイトレーシングの話題

VulkanにはNVIDIAの拡張VK_NV_raytracingがあるのですが、もう開発はできるようですね。

GitHubにはいくつかのサンプルや実装例のプロジェクトが来ています。

rtxON
https://github.com/iOrange/rtxON


vRt
https://github.com/world8th/vRt

それからDXRと同時に開発する人向けにDirectXShaderCompilerのVK_NV_raytracing用のシェーダの出力を開発しているブランチもあります。

https://github.com/sparmarNV/DirectXShaderCompiler/tree/NV_ray_tracing


先日紹介したSlang(以前の記事)でも対応の話がきているようですね。

https://github.com/shader-slang/slang/commit/039c233d9e4617ba9edd702a8275df0837ca8365

そんなわけで、DXRとVK_NV_raytracingマルチプラットフォーム開発ということも環境の整備は進んできそうですね。

あとは、Appleのレイトレ環境向けの展開でしょうかね。

« ShaderConductor 0.2.0とバイナリ提供 | トップページ | DirectXShaderComilerをVisual Studio 2017のカスタムビルドに加える »

Programming」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ShaderConductor 0.2.0とバイナリ提供 | トップページ | DirectXShaderComilerをVisual Studio 2017のカスタムビルドに加える »