« Ray Tracing Gemsの記事の"Hybrid Rendering for Real-Time Ray Tracing"が公開 | トップページ | Ray Tracing Gemsの電子版の無料公開開始 »

2019.02.28

C++標準機能でスレッドプールを実装する記事


フォローしているC++記事をツイートしているアカウントで興味深い記事があったのでメモ。

上の記事はいくつかの記事を前提にしているので、前提記事からですが、下記の記事は現在のC++の標準機能でシンプルなスレッドプールの実装を解説しています。

Simple thread pool
http://blog.vorbrodt.me/?p=631

著者はスレッドプールの実装を解説した記事がネット上でなくなってきているので、C++標準機能で

とは言え、上記記事はシンプルな実装で、パフォーマンスを出すために発展的な実装を下記の記事を新たに書いています。

Advanced thread pool
http://blog.vorbrodt.me/?p=833

最初の記事のシンプルな実装からちゃんと上手なキューの割り当てがされてるような実装になっているようですね。

« Ray Tracing Gemsの記事の"Hybrid Rendering for Real-Time Ray Tracing"が公開 | トップページ | Ray Tracing Gemsの電子版の無料公開開始 »

Programming」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Ray Tracing Gemsの記事の"Hybrid Rendering for Real-Time Ray Tracing"が公開 | トップページ | Ray Tracing Gemsの電子版の無料公開開始 »