« IntelがタスクスケジュールライブラリIntel Game Task Scheduler (GTS)を公開 | トップページ | QuakeをVulkanでpath tracingで実装したQ2VKPTのGTC 2019, GDC 2019スライド »

2019.03.23

Shader.jpの更新3/23 DirectMLやVariable Rate Shading

MicrosoftがGDC 2019で発表してきたものについてドキュメントやサンプルが出てきましたね。

昨年のGDC 2018ではDXRが華々しく登場したわけですが、それと比較するとDirectMLは静かにデビューしそうではありますが、グラフィックス処理と機械学習が統合されるというのは、次世代でキーになる技術の1つと思いますので楽しみな技術ですね。

ちょうどGDC 2019でGoogleがStadiaの発表の際に、Style Transfer(スタイル転送)を使ってレンダリング後の絵作りを変えたデモを発表しましたのもタイミング的によかったですね。

Behind the Scenes with Stadia’s Style Transfer ML
https://stadia.dev/blog/behind-the-scenes-with-stadias-style-transfer-ml/

« IntelがタスクスケジュールライブラリIntel Game Task Scheduler (GTS)を公開 | トップページ | QuakeをVulkanでpath tracingで実装したQ2VKPTのGTC 2019, GDC 2019スライド »

Programming」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« IntelがタスクスケジュールライブラリIntel Game Task Scheduler (GTS)を公開 | トップページ | QuakeをVulkanでpath tracingで実装したQ2VKPTのGTC 2019, GDC 2019スライド »