« GeForce GTX 1080で実行したDXRプログラムはPIXやNsight Graphicsからはどう見える? | トップページ | 10連休終了 »

2019.04.23

Windows 10 19H1でのDirect3D12

Windows 10 19H1でのDirect3D12の更新をいろいろと見てますが、いくつか記事をピックアップしていきます。

New in D3D12 – GPU-Based Validation (GBV) is now available for Shader Model 6.x
https://devblogs.microsoft.com/directx/gbv-for-shader-model-6-x/

19H1ではShader Model 6.xのDXILを使用した状態でのデバッグレイヤーでのGPU-based validation (GBV)の有効化ですね。いよいよDXILベースのシェーダを開発に使っていく時期かなという感じがしますね。

もう1つもシェーダに関するものですが、GPUドライバが読み込んだシェーダの最適化をバックグラウンドで行うことについての話です。SetBackgroundProcessingModeを使うことで最適化の実行を確実に行えるようにできるみたいですね(Pixではこの命令が有効になっている)。

New in D3D12 – background shader optimizations
https://devblogs.microsoft.com/directx/background-shader-optimizations/

それからこの記事では最後にShader Model 6.4の話題です。これは2つのドキュメントがあります。

機械学習のアルゴリズムを実行する向けの算術命令とVariable Rate ShadingのセマンティクスとDXRのLibrary Sub-objectsに関するものですね。

https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows/desktop/direct3dhlsl/hlsl-shader-model-6-4-features-for-direct3d-12

https://github.com/Microsoft/DirectXShaderCompiler/wiki/Shader-Model-6.4

このほかDirectMLも来ることで大きな更新になりそうですね。

« GeForce GTX 1080で実行したDXRプログラムはPIXやNsight Graphicsからはどう見える? | トップページ | 10連休終了 »

Programming」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« GeForce GTX 1080で実行したDXRプログラムはPIXやNsight Graphicsからはどう見える? | トップページ | 10連休終了 »