« GeForce 10シリーズ向けDXRドライバとサンプルの実行 | トップページ | Windows 10 19H1でのDirect3D12 »

2019.04.14

GeForce GTX 1080で実行したDXRプログラムはPIXやNsight Graphicsからはどう見える?

 RTXじゃないGeForceでDXRが使えるようになりましたが、PIXやNsight Graphicsなどグラフィックスの分析ツールではどのように見えるのか気になったので試してみました。

かつて、Fallback LayerがあったときはPixでキャプチャしたときはCompute Shaderで実行されていたのでID3D12GraphicsCommandList4::DispatchRaysなどは、Compute ShaderのDispatchとしてイベントリストでは見えていました。今回は、Fallback Layerと実行層が変わっているようなので気になっていました。

Pix

Pixは1904.01を試しましたが、Fallback Layerの時と異なり、DXRのイベントが拾えています。

https://devblogs.microsoft.com/pix/download/

Pixdxr001 

Pixdxr002

Nsight Graphics

Nsight Graphicsは2019.2を試しました。こちらもキャプチャできています。Acceleration Structure Viewer(カメラ位置は適当です)も機能しているなと思います。

https://developer.nvidia.com/nsight-graphics

Nsgihtdxr001

Nsightdxr002

まとめ

とりあえず、GeForce GTX 1080でもDXRのキャプチャができることはわかりました。

DXR使うのであればRTXシリーズがベストなんでしょうが、とりあえず自宅で開発用途であれば1080で少し頑張っても良さそうですね。

« GeForce 10シリーズ向けDXRドライバとサンプルの実行 | トップページ | Windows 10 19H1でのDirect3D12 »

Programming」カテゴリの記事

画像付き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« GeForce 10シリーズ向けDXRドライバとサンプルの実行 | トップページ | Windows 10 19H1でのDirect3D12 »