« DirectMLのサンプルに超解像追加 | トップページ | Google I/O 2019 ARCoreの機械学習での照明推定やライティングのセッション動画 »

2019.05.08

DirectMLの超解像(Super Resolution)サンプルを動かした

ノートPCで超解像のサンプルを動かしてみました。GPUは、GeForce GTX 1070(MAX-Q)です。

https://github.com/microsoft/DirectML-Samples

DebugビルドだとPixのランタイムDLLが生成されなくてエラーでしたが、Releaseビルドが動いたのでスクショを撮ってみました。

このサンプルでは、960x540の60 fps動画をBilinear FilterとSuper resolution Neural Networkの2つの手法が切り替えでアップスケールします。比較用に、両方の画像を交互に載せていきます。

Directmlsuperresolution-2019_05_08-1_40_ 

Directmlsuperresolution-2019_05_08-1_40__1 

上:Bilinear Filter 下:Super resolution Neural Network

Directmlsuperresolution-2019_05_08-1_41_

Directmlsuperresolution-2019_05_08-1_41__1

上:Bilinear Filter 下:Super resolution Neural Network

Directmlsuperresolution-2019_05_08-1_42_

Directmlsuperresolution-2019_05_08-1_42__1

上:Bilinear Filter 下:Super resolution Neural Network

Directmlsuperresolution-2019_05_08-1_42__2

Directmlsuperresolution-2019_05_08-1_43_

上:Bilinear Filter 下:Super resolution Neural Network

一応、動画も撮ってみましたが、Bilinear Filterと比べてSuper resolution Neural Networkは10 fpsぐらいまで落ちましてあまり参考にならなさそうですね。

とりあえず、Pascal世代のノートPCの1070だとちょっと実用が厳しいなという感じですね。RTXでどうなのか気になるので、別途試してみたいですね。

« DirectMLのサンプルに超解像追加 | トップページ | Google I/O 2019 ARCoreの機械学習での照明推定やライティングのセッション動画 »

Programming」カテゴリの記事

画像付き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« DirectMLのサンプルに超解像追加 | トップページ | Google I/O 2019 ARCoreの機械学習での照明推定やライティングのセッション動画 »