« EA SEEDのSIGGRAPH 2019発表 | トップページ | SIGGRAPH 2019へ »

2019.07.24

GeForce RTX 2070 SuperでVariable Rate Shadingを動かしてみた

GeForce RTX 2070 SuperでVariable Rate Shadingを動かしてみました。

Windows 10はMay Update 2019適用済みで、DirectX-Graphics-SamplesのDevelopブランチにあるものをビルドしたらそのまま動きました。

https://github.com/microsoft/DirectX-Graphics-Samples/tree/develop/Samples/Desktop/D3D12VariableRateShading

このサンプルは、リフレクション、シーン、ポストエフェクトの3つのパスでシェーディングレートを1x1、1x2、2x1、2x2、4x2、2x4、4x4の7種類変更できます。

静止画で1x1、2x2、4x4上げてみました。ココログは大きな画像ファイルのアップに向かないのでFlickrに上げてます。オリジナルサイズで見るのがいいと思います。

※フレームレートはキャプチャした瞬間変動してるので、参考にしないでください。

VRS1x1

 

VRS2x2

 

VRS4x4

とりあえず、全体を4x4にするとシェーディングレートの低下がわかりますね。床のタイトルのへこみとかで斜めになってるところとかギザギザしますね。真ん中の置物も変わりますね。今回は一律で間引いてるので変化がわかりやすいですね。

実際の使用シナリオは、VRであれば、外側は間引けばいいのですが、一般的なディスプレイ向けゲームの場合、目立つところと目立たないところをちゃんと判定してやるのがいいのか、フレームレートが下がった際にやる動的解像度のように使うのか、チェッカーボードと比較してどうなのかなど、使い方はいろいろと戦略はありそうですね。ひとまず動くのは確認できました。

ついでに、シーンパスと全パス適用を動画もアップしました。

 

« EA SEEDのSIGGRAPH 2019発表 | トップページ | SIGGRAPH 2019へ »

Programming」カテゴリの記事

画像付き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« EA SEEDのSIGGRAPH 2019発表 | トップページ | SIGGRAPH 2019へ »