« GDC 2020のセッションが気になる時期 | トップページ | 買ってしまったα7R IV »

2019.12.02

GDC 2020気になるセッション その1 : NetEaseのAI系セッション

GDC 2020の気になるセッションを取り上げる話ですが、まずはNetEaseの以下の2つのAI系セッションですね。

Applying Reinforcement Learning to Develop Game AI in NetEase Games
https://schedule.gdconf.com/session/applying-reinforcement-learning-to-develop-game-ai-in-netease-games/868770

Face-to-Parameter Translation via Neural Network Renderer
https://schedule.gdconf.com/session/face-to-parameter-translation-via-neural-network-renderer/868768

Applying Reinforcement Learning to Develop Game AI in NetEase Gamesの方は、強化学習を使ったゲームデザイナーが使えるビヘイビアツリーに代わるツールのような話みたいですね。ゲームデザイナーが使うAIのツールに強化学習を使った手法が使われてるというところが気になりますね。こうしたツールを使ってもらうための教育や工夫とかあれば気になるところですね。

Face-to-Parameter Translation via Neural Network Rendererの方は、RPGのキャラクタークリエイションで写真からそれに似た顔の生成という感じのようですね。このセッションの発表者が関連しそうな論文を発表しているのでこれを読んでおくとよさそうですね。

Face-to-Parameter Translation for Game Character Auto-Creation
https://arxiv.org/abs/1909.01064

« GDC 2020のセッションが気になる時期 | トップページ | 買ってしまったα7R IV »

Programming」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« GDC 2020のセッションが気になる時期 | トップページ | 買ってしまったα7R IV »