« DirectXMeshのMeshlet対応 | トップページ | CEDEC 2020のセッションの話 »

2020.06.09

SIGGRAPH 2020論文"A perceptual model of motion quality for rendering with adaptive refresh-rate and resolution"

SIGGRAPH 2020論文の"A perceptual model of motion quality for rendering with adaptive refresh-rate and resolution"はゲームのプログラマが読んでみても面白そうな論文ですね。ちょっとこの記事を書く直前に知ったので読んでおく論文に積んでおこうかと思います。

A perceptual model of motion quality for rendering with adaptive refresh-rate and resolution
https://www.cl.cam.ac.uk/research/rainbow/projects/motion_quality_model/

リアルタイムレンダリングの処理負荷が重い時に動的解像度で解像度落としたり可変リフレッシュレートでリフレッシュレートを落としたりの関係についてオブジェクトの速度と動きの予測可能性を考慮した知覚視覚モデルの提案ということみたいですね。

リフレッシュレートに関しては、G-Sync対応モニターで対応してるようですが、HDMI 2.1時代のGame Mode VRRでは一般的に使いやすい手法かもしれないですね。


« DirectXMeshのMeshlet対応 | トップページ | CEDEC 2020のセッションの話 »

Programming」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« DirectXMeshのMeshlet対応 | トップページ | CEDEC 2020のセッションの話 »