« Mesh Shaderサンプル起動 | トップページ | SIGGRAPH 2020論文"A perceptual model of motion quality for rendering with adaptive refresh-rate and resolution" »

2020.06.02

DirectXMeshのMeshlet対応

DirectXMeshの6月のアップデートでMeshletとカリング用の情報の計算関数が追加されたようですね。

New functions ComputeMeshlets and ComputeCullData for use with Direct3D 12 Mesh Shaders

https://github.com/microsoft/DirectXMesh/releases/tag/jun2020

Meshletデータは、Meshlet内の頂点数、頂点バッファのオフセット、プリミティブカウント、プリミティブオフセットを持つようですね。カリング情報の方はMeshletをクラスターカリングするのに必要な境界球やコーンの情報ですね。

これを使って既存のメッシュの座標とインデックス、隣接性情報などを使ってMeshletの計算をさせることができそうですね。オープンソースなのでどういうアルゴリズムなのかは中身を見ればいいというところもありますね。

« Mesh Shaderサンプル起動 | トップページ | SIGGRAPH 2020論文"A perceptual model of motion quality for rendering with adaptive refresh-rate and resolution" »

Programming」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Mesh Shaderサンプル起動 | トップページ | SIGGRAPH 2020論文"A perceptual model of motion quality for rendering with adaptive refresh-rate and resolution" »