« Direct3D12のコマンドキューの記事を追加 | トップページ | D3DXのXファイルの話 »

2021.03.03

続・2021年のDirectX 9の話

DirectX SDK June 2010がダウンロードできなくなってどうしたらいいか
http://masafumi.cocolog-nifty.com/masafumis_diary/2021/02/post-edceb2.html

…という記事を書きましたが、その後やっぱり多くの人にDirectX SDK June 2010は必要ということでエンドユーザーランタイムと合わせてSHA-256の署名でMicrosoftからダウンロードできるようになりました。

DirectX Software Development Kit
https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=6812

エンドユーザーランタイム
https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=8109

エンドユーザーランタイムWebインストーラ
https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=35

その他にD3DXがNuGetから取得できる話も記事になっています。これはSDK全部入れなくていいというのがありかもしれないですね。

Legacy D3DX on NuGet
https://walbourn.github.io/legacy-d3dx-on-nuget/

それからWindows SDKに付属するDirectX 9~11と上記のNuGetのD3DXでビルドできる旧来のDirectX SDKのサンプルがChuck Walbourn氏によって公開されています。ですので、SDKが再度公開されてましたが、Visual Studio 2019 + Windows SDK + NuGetのD3DXの組み合わせでDirectX 9開発するというのがモダンな形なのかもしれません。

directx-sdk-legacy-samples
https://github.com/walbourn/directx-sdk-legacy-samples

« Direct3D12のコマンドキューの記事を追加 | トップページ | D3DXのXファイルの話 »

Programming」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Direct3D12のコマンドキューの記事を追加 | トップページ | D3DXのXファイルの話 »