2019.08.23

IIJのeSIMサービスをiPad miniで使ってみる

8月は旅行が多く、9月は宿泊も伴うイベントが多いので、第5世代iPad miniのeSIMで契約してみました。


IIJの「eSIM」を検証、iPhoneでデュアルSIMの使い心地は:週刊モバイル通信 石野純也
https://japanese.engadget.com/2019/07/10/iij-esim-iphone-sim/

概ね上の記事にある通りで、インターネット共有のためには手動でAPN入れるのは参考になりました。あと速度はこっちも微妙な感じでしたね。

あと、QRコードの読み取りがカメラの方で読み取っちゃってはまったけど、キャリアの追加の設定のところでやるんでしたね。

…ということで、9月までまずは使ってみよう。

2019.07.10

α7III+フォクトレンダーNOKTON Classic 35mm F1.4 で清澄庭園

α7IIIでミラーレス一眼に移ったのですが、以前の一眼レフではMFは苦手だったんですが、α7IIIはMF時にフォーカスあてたとことろをズームしてくれたり、ピーキング機能でだいぶ使いやすいことがわかり、MFでクラシックな描写するという評判のフォクトレンダーNOKTON Classic 35mm F1.4 E-mountを手に入れてみました。

そんで、天候悪いですが、清澄庭園でちょっと撮影テスト。

清澄庭園2019

なるほど、これはLightroomであんまり補正しすぎない方がいいのかもなぁ。レンズ補正周辺光量落ち直せるし、きれいになるけどクラシックな描写感なくなるなぁ…ということであまりいじらずが良いんでしょうね。

2019.06.16

ZEISS Batis 2/40 CFを購入

α7IIIに普段つけっぱなしにしておく標準域につけておくレンズとしてZEISS Batis 2/40 CFを購入しました。

Batis

ZEISS Batis 2/40 CF
https://www.zeiss.co.jp/camera-lenses/photography/products/batis-lenses/batis-240cf.html

55mmでSEL5518Zを持っていて少し狭いなと思いつつ、35mmでは画質より軽量さでSAMYANG AF35mm F2.8 FEなんかを持っていて、35mmで高画質なものはもともと別なカメラでRX1Rあるので避けておこうかなと思っていたのですが、品薄だったZEISS Batis 2/40 CFがだいぶ買えるようになったので購入。

やっぱり、自分的には35mmに近い画角の方が扱いやすく寄れるというのはいいですね。ちょっと長いなとは思いつつも軽量な方なのは良いですね。

向島百花園2019


雑多なものは下記ですが、浅草の写真が今は占めてますね。


Batis 2/40 CF Photos


2019.06.04

ARKit 3はiPhone向けVtuberアプリを進化させる要素が多そう

WWDC 2019でARKit 3が発表されましたが、ドキュメントも公開されています。

https://developer.apple.com/augmented-reality/arkit/

新機能として、以下の6つのトピックがあげられています。ただ、Additional Improvementsは既存機能の改善なので今回置いておきます。

  • People Occlusion
  • Motion Capture
  • Simultaneous Front and Back Camera
  • Multiple Face Tracking
  • Collaborative Sessions
  • Additional Improvements

この中で、Motion Capture、Simultaneous Front and Back Camera、Multiple Face TrackingはiOS向けにVtuberアプリみたいなものを開発には重要な新機能になりそうだと思います。

Motion Captureは、端末のカメラを使ってKinectなどのような人体の骨格検出をやってくれるようですね。これはとりあえず、アバターの動きを特別な装置やセンサの取り付けなしで行けるという感じでお手軽に全身の動き反映させるのによさそうですね。

Motion Captureで取得できるジョイントについては、ドキュメントでは下記でまとまっています。名前付きジョイントが8つあり、これらの位置を利用して、名前なしのジョイントが85個あるようですね。

https://developer.apple.com/documentation/arkit/arskeleton/jointname

Simultaneous Front and Back Cameraは、端末の前面と背面のカメラを同時に使用する機能です。今までのARKitではフロントカメラを使って顔をキャプチャするという使い方をして、背面のカメラは環境を認識して地面(水平面)や壁(垂直面)などを検出して、CGのキャラクターを表示するなどをしてきました。ただ、同時に2つのカメラの処理をやらせることはできませんでした。この新機能では、1つのアプリケーションで2つのカメラを使うことができるようになります。使用シナリオとしては、背面のカメラで環境を認識してCGのキャラクター(アバター)を表示して、前面のカメラで演者の顔を撮影して顔を動かすということができるようになります。配信機能などを組み合わせれば、屋外でiPhoneの顔キャプチャを生かした実況などができるかもしれませんね。

今回、紹介する最後の話Multiple Face Trackingは、前面カメラがTrueDepthカメラの端末(iPhone XやXR、XSなど)で3人まで顔の認識とトラッキングができるというもののようですね。1つのカメラで3人の演者がいれば、3人のキャラクターの顔を動かせる感じですね。

WWDC 2019でMinecraft Earthのデモが発表され、People Occlusion(カメラに映る人物とAR上のCGのオクルージョンの問題を解決する機能)が注目されていますが、上で紹介した3つの機能は日本で人気なVtuber向けのアプリで活躍しそうな予感がします。

秋のiOS 13のリリース以降(…とUnityやUnreal Engineなどゲームエンジンの対応で)新しい表現ができるアプリが増えていきそうですね。

2019.03.24

都内の桜 2019

都内は靖国神社の標本木の開花が発表されましたが、靖国通りとか千鳥ヶ淵緑道あたりは少し咲き始めたということで、α7IIIとSEL24105G持って出かけてきました。まだ、都内でもつぼみのところは多いですが、ここのところの暖かい陽気で咲き始めてました。来週は別な場所で撮ろうかと思いますが、やはりSEL70300G(70mm-300mm)も持っていかないと厳しいですね。

都心の桜2019

2018.11.11

α7III用にTAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXDを購入

α7III購入してから標準域のズームレンズはSEL24105Gあたりを狙ってましたが、なかなか安定して供給されてないようなのとボディと一緒に買うときには予算的な問題がありました。

そんなわけで、マウントアダプター(ENF-E1 PRO)で今まで使用してきたNikonレンズでやってたわけですが、やっぱりAFが使えるとは言え、AF速度とか動画でAF変えられないとか制約がちょっと標準ズームではなぁ...という感じでした。単焦点は開放がF1.4とかのラインナップがSonyのEマウントレンズあんまりないので引き続きという感じですが。

そんな中、SEL24105Gじゃないですが、評判がいいTAMRON | 28-75mm F/2.8 Di III RXDをようやくゲット。

https://www.tamron.jp/product/lenses/a036.html

とりあえず、ここ2週旧古河庭園のバラとか上野寛永寺エリアとかその辺へちょっと持っていく。

旧古河庭園2018秋

Ueno 2018 (清水観音堂、上野東照宮)

SEL24105Gに関してはおいおい考えますが、こうなるとSEL70300Gとか望遠そろえた方がいいんだろうなぁ。

2018.08.28

Surface Goファーストインプレッション

SurfaceシリーズはSurface Pro、Surface RT、Surface 3無印、Surface Book 2の経験がありますが、圧倒的に軽くて小さいですね。とりあえず、自分のカバンで小さいもので持ち運べるのは良いです。

キーボードは、無印Surface 3に近いかと思ったらもうちょっとコンパクトで、キーが小さい部分がありますね。ファンクションキーとかEnterが顕著。

キーのタイピングと言えば、椅子に座っての膝の上においてタイピングできるかは重要視してるんですが、それは大丈夫そう。

Surface Penは左側に強力なマグネットでマウントができるのはよいです。

CPUとか動作の快適性はGPD Pocketより全然いいですね。2ではその辺気にならないでしょうが。

あとは、カンファレンスなどバッテリーの駆動時間ですねぇ。

Surface Go購入

Surface Goを購入しました。

ここ1年、旅に持っていくコンピュータとしてはずっとGPD Pocketを持ち歩いておりました。GPD Pocketはとにかく軽くて小さいのでカバンの選択肢広くて便利です。

ただ、キーボードや画面サイズはやはり小さいのでプログラミングには向かない部分あるんですよね。

CPUパワーなどは実は不満なくて、そこだけ不満でした。そんなわけでGPD Pocket 2には行かずSurface Goです。

とりあえず、持ち出してコード書く時はSurface Go、そういうことしない場合はGPD Pocketと使い分けにしようと思います(純粋な旅行など)。

2018.06.16

α7III持ってようやく

最近l購入したα7III持ってようやくがっつり写真を撮りに。

レンズはまだあんまりSonyのがないのでマウントアダプターでAF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VRとか
AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G(後半の紫陽花だけ)あたりのニコンレンズで。

品切れが多いけど、SEL24105Gあたりがほしい。

Chiba Zoological Park 千葉市動物公園

2018.06.10

α7III購入

長いことフルサイズはNikon Dfを使っていたのですが、そろそろ買い替えの周期かなと言うことでα7IIIを購入。

ちょっと4K HDR撮れるカメラ欲しかったのですよね。

ただ、レンズに関してはNikonで揃えたものを活かしたいとは思ってまして、AF対応のマウントアダプタを購入でAF-S NIKKOR 58mm f/1.4Gをつけてみました。カメラ側が対応機種じゃなかったので心配でしたが大丈夫でした。

より以前の記事一覧