2019.12.02

GDC 2020気になるセッション その1 : NetEaseのAI系セッション

GDC 2020の気になるセッションを取り上げる話ですが、まずはNetEaseの以下の2つのAI系セッションですね。

Applying Reinforcement Learning to Develop Game AI in NetEase Games
https://schedule.gdconf.com/session/applying-reinforcement-learning-to-develop-game-ai-in-netease-games/868770

Face-to-Parameter Translation via Neural Network Renderer
https://schedule.gdconf.com/session/face-to-parameter-translation-via-neural-network-renderer/868768

Applying Reinforcement Learning to Develop Game AI in NetEase Gamesの方は、強化学習を使ったゲームデザイナーが使えるビヘイビアツリーに代わるツールのような話みたいですね。ゲームデザイナーが使うAIのツールに強化学習を使った手法が使われてるというところが気になりますね。こうしたツールを使ってもらうための教育や工夫とかあれば気になるところですね。

Face-to-Parameter Translation via Neural Network Rendererの方は、RPGのキャラクタークリエイションで写真からそれに似た顔の生成という感じのようですね。このセッションの発表者が関連しそうな論文を発表しているのでこれを読んでおくとよさそうですね。

Face-to-Parameter Translation for Game Character Auto-Creation
https://arxiv.org/abs/1909.01064

2019.11.28

GDC 2020のセッションが気になる時期

GDC 2020のセッション情報が結構出てきてますね。


https://schedule.gdconf.com/


ちょっと近いうちに一度気になるセッションをピックアップしていきたいですね。とりあえず、まずは1つだけ紹介。


USDのDraco対応

Googleの方でUSD向けのDraco対応が行われたようですね。

Google and Pixar add Draco Compression to Universal Scene Description (USD) Format
https://opensource.googleblog.com/2019/11/google-and-pixar-add-draco-compression.html

USD割とファイルサイズ大きくなりそうだなと思ってましたが、こうした対応で扱いやすくなるとよいですね。

2019.11.22

九州へ

明日はCEDEC+KYUSYU に参加してきます。

2019.11.09

Shader.jpの11/9の更新

Direct3D12のMesh Shaderの仕様が公開になりましたので書いておきました。あとは、Vulkanのオフィシャルサンプル集ですね。

2019.11.08

FXCからDXCへの移行

DXR使ってる方などはもう移行しちゃってるかと思いますが、シェーダーコンパイラのFXCからDirectX Shader Compiler (DXC)への移行はあまり初学者向けには紹介がないのでちょっと書いておこうかなとは思っています。

その後はシェーダーモデル6.x特有のネタを取り上げて行こうかとは思います。

2019.11.07

Windows 10 20H1のDirect3D12の新機能2つの紹介記事が公開に

DirectX Developer Blogの方で20H1の重要機能の2つについてそれぞれ記事が出たので書いておきました。

2019.10.29

2019秋のDirect3D12の新しい機能に対応したDirectXShaderCompilerってどこだろう

DirectXShaderCompilerのRelease版を落としてみましたが、Shader Model 6.5対応ではありましたが、Amplification Shader(AS)やMEsh Shader(MS)対応ではなかったので自分でビルドするのはちょっと面倒だなぁ...とか思っちゃいましたがOSまだアップデートしてないので待っても良さそうですね。

https://github.com/microsoft/DirectXShaderCompiler/releases

あと、Sampler Feedback周りの更新は下記のやりとりで確認できました。なるほど、HLSLにFeedbackTexture2D型というのが加わるんですな。

https://github.com/microsoft/DirectXShaderCompiler/commit/0513758aee4d66b9b5babd06d1cd5ec7a590296f

NVIDIAの20H1のDirect3D12の新機能記事

Microsoftのblog引用する形ですが、NVIDIAの方でも記事がありましたね。

DXR tier 1.1, Mesh Shading and Sampler Feedback Now Available in Windows 10 Insider Preview Builds
https://news.developer.nvidia.com/dxr-tier-1-1/

Mesh Shadersに関しては

DirectX Mesh Shaders, a new feature introduced in Insider Build 20H1, removes the input assembler bottleneck, and offers flexible tessellation, instancing, and procedural generation capabilities. 

とあるとおり、Input assemblerのボトルネックの除去など効率的なジオメトリ処理が行えるということなんでしょうね。

DirectX12の新機能DXR11、Mesh Shader、Sampler Feedback

DirectX12の新機能DXR11、Mesh Shader、Sampler Feedbackなどの新機能のプレビュー版が来るということで書いておきました。



より以前の記事一覧